02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ココロスコーンカフェ

2017.03.17 (Fri)

講習会前に寄った『ココロスコーンカフェ』
IMG_0320.jpg
以前行った時は遅すぎて完売の為お店が閉まっていたのでリベンジ!

お昼にはランチもやっていて、スープとスコーンのセットもありました
スコーンの他にもキッシュや3種類くらいケーキもありマス

1時半過ぎくらいだったと思うケド、すでに売り切れのモノもアリ
IMG_0321_201703161331135a6.jpg

この中から5コ購入
食べる前にちょっぴりレンチンしてからリベイクするとおいしくなるとのコトで
やってみると、バターのイイ香りがする
外はサックリ中はふんわりな食感のスコーンになりました

ネーミングは見ただけでどんな味かわかりやすい

左が「全粒粉金ゴマちーず」、右が「ドライトマト&くるみちーず」
IMG_0329.jpg
「全粒粉金ゴマちーず」
パルメザンチーズの塩気にたっぷりなゴマと全粒粉の香ばしさがオイシイ

「ドライトマト&くるみちーず」
ドライトマトが練り込んであるので生地が赤っぽい色になっていマス
中に角切りチーズとさくさくクルミ入り
思った程トマト感がないカモ

左が「シナモン&いちじくクリームちーず」
右はお店№1の「コーングリッツ&スイートコーン」
IMG_0330_20170316133116f74.jpg

「シナモン&いちじくクリームちーず」
中がとってもしっとり♪ シナモンとクリームチーズと柔らかいイチジクが入っていて
更にシナモンシュガーがトッピングされていてオイシイ
シナモン好きはマストバイですね

「コーングリッツ&スイートコーン」
小さなスコーンの中に甘いトウモロコシがたっぷり

ちょっと甘いのも食べたいなと思って「抹茶チョコカシューナッツ」
ホワイトチョコぢゃなくて、フツーのチョコだったので抹茶味だケド購入してみた
IMG_0331_20170316133117a6b.jpg
一口食べてみるとすっごく抹茶が濃い~
抹茶の苦みと香りでチョコの味が薄く感じるホド
中にも小さく砕いたカシューナッツ入り

スイーツ系スコーンはラムレーズンもあったケド、アールグレイ生地だったり
コーヒーだけど黒糖クルミが入っていたり、季節限定味が桜だったりと
フィリングがちょっと私の好みとはビミョーにずれてるんだよなー

その日によって出しているスコーンのフレーバーが違うようなので
何度か行って私好みのスイーツ系スコーンを探してみたいと思いマス

========================================

『cocoro scone café』

 札幌市北区北23条西9丁目2-45 シュアーヴ23 1F

 070-5600-3016

 11:00~19:00

 定休日:不定休





ココロスコーンカフェカフェ / 北24条駅

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

21:02  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

すご〜い!

スコーンってこんなに種類できるんだ!
たのしいね☆

好みとビミョーにズレてるフィリング、わかるわー。
きなこチョコが好きなんだけど、あんこや黒蜜と合わせてほしくないのにだいたいペアになってる..。
アールグレイや桜のスイーツはわたしもあんまり惹かれない。もらったら喜んで食べるけど。

ていうか駐車場の雪スゴクない?
まだこんなにあるんだね。
カッパ |  2017.03.21(火) 15:23 | URL |  【編集】

カッパさんに

このお店、珍しい味のスコーンが多いよね

きなことチョコの組み合わせって見たコトないカモ!?
やっぱ和モノは和モノの素材で統一しちゃうよね
きなこ+あんこ+黒蜜=間違いない!みたいな

アールグレイってなぜかシフォンケーキは好きなんだケド
他のモノは全く惹かれないんだよねぇ…
桜味も、ぢゃあ桜餅食べればイイぢゃん!って思う

コレは3月5日に撮ったんだケド
今年の札幌は雪が多い!
ちりか |  2017.03.21(火) 17:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://chirika0412.blog.fc2.com/tb.php/3059-c0209e06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |